「 年末 」

0001今年も残りわずかとなりました。
ちまたでは、インフルエンザやノロウイルスの感染症が猛威をふるっているようです。
インフルエンザも検査キットができて便利にはなりましたが、陽性とわかってしまうと学校の登校ができなくなったり、会社、仕事を休まなくてはいけなくなります。
病院などでは、職員が感染してしまうと人員確保で大変苦労することにもなります。
入院の患者さんでインフルエンザが発症すると抗ウイルス薬を予防内服してもらったり、外出を控えてもらったり、患者さんも医療スタッフも大変な思いをすることになります。
みんなで協力してインフルエンザやノロウイルスの感染症の発生を予防し、もし発生したら拡大をさせないようできるだけのことをしていくしかないと思います。

精神科病院もなかなか厳しい時代を迎えています。
高齢者だけでなくさまざまな病態のかたが増えてきています。
利用者のかたの悩みにしっかりと寄り添う医療看護を展開していく必要があると思っています。

当院は、これからもより安全な治療環境の提供に職員一同努力して参ります。
地域のかたがたのさまざまな困りごとに相談に乗れる、頼りになる病院を目指していきたいと思っています。

今日もお会いするかた一人一人に笑顔で気持ちよく挨拶して一日を過ごしたいと思います。


< 平成28年12月14日 >

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA