作成者別アーカイブ: inokashira

「 不正出金問題 」

スマートフォンなどを使った電子決済サービスでの不正出金問題が話題になっています。
「ドコモ口座」では、自分がNTTドコモと契約していなくても預金が流出したようです。
銀行側、決済業者両方で結果的に本人確認が不十分であったようです。
とても便利なシステムですが、リスクもあります。
できることとしては、まめに自分の銀行口座の残高チェックをすることなのかもしれません。

新しい内閣がスタートしました。
野党もしっかり対案を出すとか有意義な議論に時間をかけてもらいたいです。
コロナに関する報道などを見ていて、マスコミ、テレビ、新聞の報道もいかがなものかと思うことが増えました。
いろんな情報を集めて、自分でしっかり考えることが大事ですね。

コロナの自粛生活は長引きそうです。
これまでとは違った新しい生活様式、価値観を身につけていく必要があるように思います。

目の前のできることに集中して、日々過ごしていきたいですね。
人間いつかは病気か事故かで亡くなるものです。
神のみぞ知るということです。

精神科病院もなかなか厳しい時代を迎えています。
高齢者だけでなくさまざまな病態のかたが増えてきています。
利用者のかたの悩みにしっかりと寄り添う医療、看護、支援を展開していく必要があると思っています。

当院は、これから0001もより安全な治療環境の提供に職員一同努力して参ります。
地域のかたがたのさまざまな困りごとに相談に乗れる、頼りになる病院を目指していきたいと思っています。

今日もお会いするかた一人一人に笑顔で気持ちよく挨拶して一日を過ごしたいと思います。

令和2年9月18日

「 日航機墜落事故から35年 」

0001昭和60年8月12日、その日もとても暑い一日でした。
医師になって4ヶ月、その夜は週1日パート勤務先であった当院で当直をしていました。
524人の乗員乗客を乗せた日航ジャンボ機が墜落事故を起こしました。
歌手の坂本九さんも事故に巻きこまれました。
4名の方が奇跡的に助かりました。
翌朝生存者が担架に乗せられてゆっくり慎重にヘリコプターへ収容される映像が思い出されます。
520名もの多くの方が命を落とされました。
生存者の証言から墜落まで数十分間、ダッチロールというゆらゆら揺れながらの飛行というとても怖い体験もされていたことがわかりました。
その便に乗る予定がキャンセル待ちで、たまたま1つ前の便の航空機に乗られて難を免れたかたもいらしたようです。
ひとの運命はわからないものです。
何といっても安全第一です。
目の前の一日をしっかり生きていきたいと思います。
8月12日は決して忘れてはならない日です。

コロナの自粛生活は長引きそうです。
これまでとは違った新しい生活様式、価値観を身につけていく必要があるように思います。

目の前のできることに集中して、日々過ごしていきたいですね。

精神科病院もなかなか厳しい時代を迎えています。
高齢者だけでなくさまざまな病態のかたが増えてきています。
利用者のかたの悩みにしっかりと寄り添う医療、看護、支援を展開していく必要があると思っています。

当院は、これからもより安全な治療環境の提供に職員一同努力して参ります。
地域のかたがたのさまざまな困りごとに相談に乗れる、頼りになる病院を目指していきたいと思っています。

今日もお会いするかた一人一人に笑顔で気持ちよく挨拶して一日を過ごしたいと思います。

< 令和2年8月13日 >

「 藤井聡太棋聖誕生 」

7月16日、将棋の8大タイトルの一つの棋聖戦5番勝負第4局で藤井聡太七段が渡辺明棋聖を破り、通算3勝1敗でタイトルを獲得されました。
17歳11ヶ月でのタイトル獲得は史上最年少戴冠の新記録だそうです。
14歳でデビューして、29連勝の新記録も達成して注目を浴びていました。
勝利後のインタビューもとてもすがすがしく謙虚なものでした。
印象に残った対局で負けた第3局を挙げて、勉強になったと述べられていました。
敗れた渡辺明二冠の潔いコメントも印象に残りました。
渡辺明二冠もタイトルを通算で25期とられているとか。
羽生善治九段(永世七冠)の通算99期は気の遠くなりそうな数字です。
こんなに将棋番組を一生懸命観たのは、中学の時以来ですが、将棋の奥深さを再認識しました。
今後の将棋界の発展のためにも頑張っていただきたいですし、応援したくなりますね。
最近の暗いニュースばかりの中で、とても明るいニュースでした。
将棋の対局もどちらかが勝ちどちらかが負けるものですが、切磋琢磨していく、礼を尽くして最後まであきらめず頑張る、負けてもそれを次に活かしていくということがとても大事ですね。人生と同じです。

コロナの自粛生活は長引きそうです。
これまでとは違った新しい生活様式、価値観を身につけていく必要があるように思います。

目の前のできることに集中して、日々過ごしていきたいですね。

精神科病院もなかなか厳しい時代を迎えています。
高齢者だけでなくさまざまな病態のかたが増えてきています。
利用者のかたの悩みにしっかりと寄り添う医療、看護、支援を展開していく必要があると思っています。

当院は、これからもより安全な治療環境の提供に職員一同努力して参ります。
地域のかたがたのさまざまな困りごとに相談に乗れる、頼りになる病院を目指していきたいと思っています。

今日もお会いするかた一人一人に笑顔で気持ちよく挨拶して一日を過ごしたいと思います。

< 令和2年7月17日 >

0002

「 福岡堅樹選手 」

新型コロナウイルス感染症の拡大で、東京オリンピックが延期になりました。
7人制のラグビーの日本代表であった、福岡堅樹選手が代表辞退の記者会見をされました。
引き留められたこともあったようですが、最後は自分の決めたことを貫いたとの事です。
コロナ感染症蔓延による東京オリンピックの延期は、「自分でコントロールできないもの」です。
福岡選手は「これも運命なのか」と受け入れることにしたようです。
見ていてすがすがしい気持ちになりました。
きっとすばらしい医師になることでしょうし、残りのラグビー人生も医師としての人生も応援していきたいですね。
人生は、思い通りにならないことの連続です。
自分でコントロールできないことだらけです。
しかしながら、無駄な経験はひとつもないというのも真実です。

コロナの自粛生活は長引きそうです。
これまでとは違った新しい生活様式、価値観を身につけていく必要があるように思います。

目の前のできることに集中して、日々過ごしていきたいですね。

精神科病院もなかなか厳しい時代を迎えています。
高齢者だけでなくさまざまな病態のかたが増えてきています。
利用者のかたの悩みにしっかりと寄り添う医療、看護、支援を展開していく必要があると思っています。

当院は、これからもより安全な治療環境の提供に職員一同努力して参ります。
地域のかたがたのさまざまな困りごとに相談に乗れる、頼りになる病院を目指していきたいと思っています。

今日もお会いするかた一人一人に笑顔で気持ちよく挨拶して一日を過ごしたいと思います。

< 令和2年6月15日 >

0002  0001

「 PCR検査 」

新型コロナウイルス感染症の拡大で、一部の県では緊急事態宣言が解除されましたが、東京を含めてまだ8都道府県で宣言が延長されています。
頻回の手洗いと人と会うことを減らすこと、これが重要だと思います。
この感染症とは長く付き合っていく必要があり、経済をまわすためには、どこかで制限を緩めていく必要もあります。
また、感染が拡がるようなら、制限を強めるという難しいかじ取りが必要になります。

さて、東京女子医科大学で全学生にPCR検査を行うというニュースがありました。
PCR検査を受けて、安心しておきたい、シロとのお墨付きをもらっておきたい、との気持ちは、わからないではないですが。
大学医学部で学生全員に施行するというのは、どうなんでしょうか。
どういう経緯で決められたのか、反対意見ももちろんあったと思いますが、結果的にやるという決断をされたということですから。
いろいろ心配してしまいます。
テレビでも連日「専門家」がさまざまな意見を述べられています。
多くの意見を聞いて、自分なりに考える訓練をしていかないといけないと思います。
この自粛生活は長引きそうです。
これまでとは違った新しい生活様式、価値観を身につけていく必要があるように思います。

目の前のできることに集中して、日々過ごしていきたいですね。

精神科病院もなかなか厳しい時代を迎えています。
高齢者だけでなくさまざまな病態のかたが増えてきています。
利用者のかたの悩みにしっかりと寄り添う医療、看護、支援を展開していく必要があると思っています。

当院は、これからもより安全な治療環境の提供に職員一同努力して参ります。
地域のかたがたのさまざまな困りごとに相談に乗れる、頼りになる病院を目指していきたいと思っています。

今日もお会いするかた一人一人に笑顔で気持ちよく挨拶して一日を過ごしたいと思います。

< 令和2年5月19日 >
0001

「 気持ちを前向きに 」

新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、東京を含めていくつかの県で緊急事態宣言が出されました。
外出の自粛、頻回の手洗い、密閉・密集・密接の3つの密を避ける必要があります。
コンビニのレジでもビニールシートがぶら下げられるようになりました。
在宅勤務が推奨されていますが、なかなか進んでいないのが実態のようです。

100年前のスペイン風邪(インフルエンザ)でも収まっていくのに数年はかかったようです。
救急車のたらい回しも問題になってきています。
発熱があると、病院側も院内感染を恐れて受け入れを躊躇してしまいます。
自分の命は自分で守るという基本的なことが大事だとつくづく考えさせられます。
周りの大事なかたの命を守るために、人との接触を減らす必要があります。
コロナウイルスを取り巻く状況はすぐには解決しません。
年の単位で取り組んでいかないといけない課題のように思います。
上手に気分転換をしたいですね。
心配するとキリがありません。
コロナウイルスにかかって重症化するかどうかは、神のみぞ知るくらいに思う必要があります。
自分のすべきこと、できることを考えて、気持ちを前向きにしていきましょう。

目の前のできることに集中して、日々過ごしていきたいですね。

精神科病院もなかなか厳しい時代を迎えています。
高齢者だけでなくさまざまな病態のかたが増えてきています。
利用者のかたの悩みにしっかりと寄り添う医療、看護、支援を展開していく必要があると思っています。

当院は、これからもより安全な治療環境の提供に職員一同努力して参ります。
地域のかたがたのさまざまな困りごとに相談に乗れる、頼りになる病院を目指していきたいと思っています。

今日もお会いするかた一人一人に笑顔で気持ちよく挨拶して一日を過ごしたいと思います。

< 令和2年4月16日 >
0001