「 藤井総太四冠誕生 」

13日、将棋の藤井総太三冠(王位・棋聖・叡王)が、豊島将之竜王に勝利し、史上最年少19歳3ヶ月で「四冠」となられました。
王位・棋聖・叡王の三冠となったのが、9月13日のちょうど2ケ月前でした。本当に素晴らしいですね。
タイトル戦は6回出場して、全勝です。
棋士の中の序列も第一位になりました。どんどん強くなっています。
王将リーグでも現在4勝とトップですので、挑戦権を獲得して渡辺明名人(名人・棋王・王将の三冠)から王将位を獲得すると年度内に五冠になる可能性もあるそうです。
将棋界も盛り上がっています。
コロナ感染症で重苦しい空気の中で、元気づけられるニュースです。
藤井四冠は、まだまだ上を目指したい強くなりたいと考えられているそうです。

9月末で緊急事態宣言は解除されましたが、精神科病院は一度院内にウイルスが入り込むと大変でして、外出面会等には引き続き慎重な対応を続けています。
ご理解ご協力をお願いいたします。

コロナで在宅勤務が増えるとオンオフの切り替えが難しく、ストレスを上手に発散するのが難しいところもあると思います。
こういう時こそ、目の前のことにしっかり向き合う、大事なことに気持ちを向けるようにしたいものです。
声を掛け合い励ましあって、今を精一杯生きましょう。

コロナの感染者を減らすのには、我々一人一人が、できることをやっていくことが大事です。
頻回の手洗い、手指消毒、外出時のマスク着用、三密を避け、体調管理をこころがけることです。

医療体制のひっ迫を避けるためには不要不急の外出を控えるのが大切です。
コロナで亡くなるかた、コロナ以外の病気で亡くなるかた、事故で亡くなるかた、将来的経済的な不安で自殺で亡くなるかた等々、さまざまです。
医療には限界がある、医療資源は限られている、人間の命には限りがある、など当たり前のことを改めて考えさせられる機会になっているとも言えます。
神様が人類に与えた試練といえます。
周囲への思いやりの気持ちをもって心を穏やかに自分のできることに集中したいですね。

コロナの自粛生活は長引きそうです。
これまでとは違った新しい生活様式、価値観を身につけていく必要があるように思います。

目の前のできることに集中して、日々過ごしていきたいですね。
人間いつかは病気か事故かで亡くなるものです。
神のみぞ知るということです。
今を精一杯生きたいものです。

精神科病院もなかなか厳しい時代を迎えています。
高齢者だけでなくさまざまな病態のかたが増えてきています。
利用者のかたの悩みにしっかりと寄り添う医療、看護、支援を展開していく必要があると思っています。

当院は、これからもより安全な治療環境の提供に職員一同努力して参ります。
地域のかたがたのさまざまな困りごとに相談に乗れる、頼りになる病院を目指していきたいと思っています。

今日もお会いするかた一人一人に笑顔で気持ちよく挨拶して一日を過ごしたいと思います。

令和3年11月15日
井之頭病院

「 デイタイム救急隊 」

東京消防庁が、救急の資格を持っていながら子育て、介護などで通常の24時間交代制の勤務のできない職員に、日中に限定して救急隊員として活動してもらう「デイタイム救急隊」を増設したそうです。
2年前に池袋消防署で運用され、この度、板橋消防署など3署で運用されることになったとのことです。
救急車の出動は午前10時ごろが一番多いとか。
少しでも、病院への搬送時間が短くなればいいと思います。
大事なのは、いざという時にしか救急車を呼ばないようにしようという心構えが国民の間に浸透することなんですけれども。

10月から緊急事態宣言は解除されましたが、精神科病院は一度院内にウイルスが入り込むと大変です。
まだまだ外出面会等には慎重な対応を続けていくことにしています。
ご理解ご協力をお願いいたします。

コロナで在宅勤務が増えるとオンオフの切り替えが難しく、ストレスを上手に発散するのが難しいところもあると思います。
こういう時こそ、目の前のことにしっかり向き合う、大事なことに気持ちを向けるようにしたいものです。
声を掛け合い励ましあって、今を精一杯生きましょう。

コロナの感染者を減らすのには、我々一人一人が、できることをやっていくことが大事です。
頻回の手洗い、手指消毒、外出時のマスク着用、三密を避け、体調管理をこころがけることです。

医療体制のひっ迫を避けるためには不要不急の外出を控えるのが大切です。
コロナで亡くなるかた、コロナ以外の病気で亡くなるかた、事故で亡くなるかた、将来的経済的な不安で自殺で亡くなるかた等々、さまざまです。
医療には限界がある、医療資源は限られている、人間の命には限りがある、など当たり前のことを改めて考えさせられる機会になっているとも言えます。
神様が人類に与えた試練といえます。
周囲への思いやりの気持ちをもって心を穏やかに自分のできることに集中したいですね。

コロナの自粛生活は長引きそうです。
これまでとは違った新しい生活様式、価値観を身につけていく必要があるように思います。

目の前のできることに集中して、日々過ごしていきたいですね。
人間いつかは病気か事故かで亡くなるものです。
神のみぞ知るということです。
今を精一杯生きたいものです。

精神科病院もなかなか厳しい時代を迎えています。
高齢者だけでなくさまざまな病態のかたが増えてきています。
利用者のかたの悩みにしっかりと寄り添う医療、看護、支援を展開していく必要があると思っています。

当院は、これからもより安全な治療環境の提供に職員一同努力して参ります。
地域のかたがたのさまざまな困りごとに相談に乗れる、頼りになる病院を目指していきたいと思っています。

今日もお会いするかた一人一人に笑顔で気持ちよく挨拶して一日を過ごしたいと思います。

令和3年10月20日

井之頭病院

「 藤井聡太三冠誕生 」

13日、将棋の藤井総太棋聖・王位が叡王戦の五番勝負最終第5局で、豊島将之叡王に勝利しました。
叡王も奪取し、棋聖・王位・叡王の三冠となりました。
19歳1ヶ月で史上最年少での達成だそうです。
素晴らしいですね。
将棋界も盛り上がっています。
番勝負での昼食やおやつも話題になっているようです。
コロナ感染症で重苦しい空気の中で、元気づけられるニュースです。
藤井三冠の謙虚で前向きな姿勢、落ち着いた感じのインタビューも好感度が高いようです。

コロナで在宅勤務が増えました。
ずっと自宅にいるとオンオフの切り替えが難しく、ストレスを上手に発散するのが難しいところもあると思います。
こういう時こそ、目の前のことにしっかり向き合う、大事なことに気持ちを向けるようにしたいものです。
声を掛け合い励ましあって、今を精一杯生きましょう。

コロナの感染者を減らすのには、我々一人一人が、できることをやっていくことが大事です。
頻回の手洗い、手指消毒、外出時のマスク着用、三密を避け、体調管理をこころがけることです。

医療体制のひっ迫を避けるためには不要不急の外出を控えるのが大切です。
コロナで亡くなるかた、コロナ以外の病気で亡くなるかた、事故で亡くなるかた、将来的経済的な不安で自殺で亡くなるかた等々、さまざまです。
医療には限界がある、医療資源は限られている、人間の命には限りがある、など当たり前のことを改めて考えさせられる機会になっているとも言えます。
神様が人類に与えた試練といえます。
周囲への思いやりの気持ちをもって心を穏やかに自分のできることに集中したいですね。

コロナの自粛生活は長引きそうです。
これまでとは違った新しい生活様式、価値観を身につけていく必要があるように思います。

目の前のできることに集中して、日々過ごしていきたいですね。
人間いつかは病気か事故かで亡くなるものです。
神のみぞ知るということです。
今を精一杯生きたいものです。

精神科病院もなかなか厳しい時代を迎えています。
高齢者だけでなくさまざまな病態のかたが増えてきています。
利用者のかたの悩みにしっかりと寄り添う医療、看護、支援を展開していく必要があると思っています。

当院は、これからもより安全な治療環境の提供に職員一同努力して参ります。
地域のかたがたのさまざまな困りごとに相談に乗れる、頼りになる病院を目指していきたいと思っています。

今日もお会いするかた一人一人に笑顔で気持ちよく挨拶して一日を過ごしたいと思います。

令和3年9月14日
井之頭病院

「 今を精一杯生きる 」

コロナ感染症が相変わらず猛威を振るっています。
国と東京都から病院、診療所にさらなる協力依頼が来ました。
どこの病院もどこのクリニックも、医療従事者はもうへとへとだと思います。
高齢者のワクチン接種は進んで、死亡率は下がっています。
40代50代、もっと若い世代で重症者も出ています。
入院できず在宅のまま息を引き取られるかたもあるようです。

PCR検査や抗原検査である程度スクリーニングができるのはメリットですが、検査検査で時間もエネルギーも取られてしまう面もあるように思います。
人工呼吸器やエクモがなければ、転院治療に際してDNARを確認する必要もないのですが、それを説明する医療従事者も説明される患者家族も大変なストレスです。

こういう時こそ、目の前のことにしっかり向き合う、大事なことに気持ちを向けるようにしたいものです。
声を掛け合い励ましあって、今を精一杯生きましょう。

コロナの感染者を減らすのには、我々一人一人が、できることをやっていくことが大事です。
頻回の手洗い、手指消毒、外出時のマスク着用、三密を避け、体調管理をこころがけることです。

医療体制のひっ迫を避けるためには不要不急の外出を控えるのが大切です。
コロナで亡くなるかた、コロナ以外の病気で亡くなるかた、事故で亡くなるかた、将来的経済的な不安で自殺で亡くなるかた等々、さまざまです。
医療には限界がある、医療資源は限られている、人間の命には限りがある、など当たり前のことを改めて考えさせられる機会になっているとも言えます。
神様が人類に与えた試練といえます。
周囲への思いやりの気持ちをもって心を穏やかに自分のできることに集中したいですね。

コロナの自粛生活は長引きそうです。
これまでとは違った新しい生活様式、価値観を身につけていく必要があるように思います。

目の前のできることに集中して、日々過ごしていきたいですね。
人間いつかは病気か事故かで亡くなるものです。
神のみぞ知るということです。
今を精一杯生きたいものです。

精神科病院もなかなか厳しい時代を迎えています。
高齢者だけでなくさまざまな病態のかたが増えてきています。
利用者のかたの悩みにしっかりと寄り添う医療、看護、支援を展開していく必要があると思っています。

当院は、これからもより安全な治療環境の提供に職員一同努力して参ります。
地域のかたがたのさまざまな困りごとに相談に乗れる、頼りになる病院を目指していきたいと思っています。

今日もお会いするかた一人一人に笑顔で気持ちよく挨拶して一日を過ごしたいと思います。

令和3年8月25日
井之頭病院

「 卓球混合ダブルス金メダル 」

東京オリンピックで熱戦が続いていますが、オリンピックで初めて種目に加わった卓球の混合ダブルスで、水谷選手と伊藤選手のペアが金メダルを獲得されました。おめでとうございます。感動をありがとうございます。
卓球は中国が長年王者に君臨していて、オリンピックでも金メダルをほぼ独占していました。
男子の打球を打ち返すのは、女子の選手にはなかなか大変そうです。
伊藤選手が果敢に挑んでいた姿が素晴らしかったですね。
日本の卓球界にとっても悲願の金メダルではなかったでしょうか。
スポーツにひたすら打ち込む姿は美しいですね。
勝者がいれば敗者もいます。
どちらにも拍手を送りたいと思います。

コロナの感染者を減らすのには、我々一人一人が、できることをやっていくことが大事です。
頻回の手洗い、手指消毒、外出時のマスク着用、三密を避け、体調管理をこころがけることです。

医療体制のひっ迫を避けるためには不要不急の外出を控えるのが大切です。
コロナで亡くなるかた、コロナ以外の病気で亡くなるかた、事故で亡くなるかた、将来的経済的な不安で自殺で亡くなるかた等々、さまざまです。
医療には限界がある、医療資源は限られている、人間の命には限りがある、など当たり前のことを改めて考えさせられる機会になっているとも言えます。
神様が人類に与えた試練といえます。
周囲への思いやりの気持ちをもって心を穏やかに自分のできることに集中したいですね。

コロナの自粛生活は長引きそうです。
これまでとは違った新しい生活様式、価値観を身につけていく必要があるように思います。

目の前のできることに集中して、日々過ごしていきたいですね。
人間いつかは病気か事故かで亡くなるものです。
神のみぞ知るということです。今を精一杯生きたいものです。

精神科病院もなかなか厳しい時代を迎えています。
高齢者だけでなくさまざまな病態のかたが増えてきています。
利用者のかたの悩みにしっかりと寄り添う医療、看護、支援を展開していく必要があると思っています。

当院は、これからもより安全な治療環境の提供に職員一同努力して参ります。
地域のかたがたのさまざまな困りごとに相談に乗れる、頼りになる病院を目指していきたいと思っています。

今日もお会いするかた一人一人に笑顔で気持ちよく挨拶して一日を過ごしたいと思います。

令和3年7月27日
0001

「 小林亜星さん訃報 」

作曲家の小林亜星さんが、5月30日に心不全で亡くなられていたそうです。88歳だったとか。
都はるみさんの演歌「北の宿から」のヒット曲の他、コマーシャルソングも数多く手がけていらっしゃいました。
「このー木なんの木気になる木・・・」とか「パッとさいでりあー・・・」とか。
「魔法使いサリー」や「ひみつのアッコちゃん」の主題歌も。
ドラマの「寺内貫太郎一家」にも頑固オヤジ役で出演されていて、息子役の西城秀樹さんとの迫力ある喧嘩シーンが毎回楽しみでした。
母親役の樹木希林さんが沢田研二さんのポスターを見つめて「ジュリー・・・」と身をよじらせるのも名シーンでした。
どれも懐かしく思い出されます。
ご冥福をお祈りしたいと思います。

コロナの感染者を減らすのには、我々一人一人が、できることをやっていくことが大事です。
頻回の手洗い、手指消毒、外出時のマスク着用、三密を避け、体調管理をこころがけることです。

医療体制のひっ迫を避けるためには不要不急の外出を控えるのが大切です。
コロナで亡くなるかた、コロナ以外の病気で亡くなるかた、事故で亡くなるかた、将来的経済的な不安で自殺で亡くなるかた等々、さまざまです。
医療には限界がある、医療資源は限られている、人間の命には限りがある、など当たり前のことを改めて考えさせられる機会になっているとも言えます。
神様が人類に与えた試練といえます。
心を穏やかに自分のできることに集中したいですね。

コロナの自粛生活は長引きそうです。
これまでとは違った新しい生活様式、価値観を身につけていく必要があるように思います。

目の前のできることに集中して、日々過ごしていきたいですね。
人間いつかは病気か事故かで亡くなるものです。
神のみぞ知るということです。
今を精一杯生きたいものです。

精神科病院もなかなか厳しい時代を迎えています。
高齢者だけでなくさまざまな病態のかたが増えてきています。
利用者のかたの悩みにしっかりと寄り添う医療、看護、支援を展開していく必要があると思っています。

当院は、これからもより安全な治療環境の提供に職員一同努力して参ります。
地域のかたがたのさまざまな困りごとに相談に乗れる、頼りになる病院を目指していきたいと思っています。

今日もお会いするかた一人一人に笑顔で気持ちよく挨拶して一日を過ごしたいと思います。

令和3年6月15日
0001