「 小林亜星さん訃報 」

作曲家の小林亜星さんが、5月30日に心不全で亡くなられていたそうです。88歳だったとか。
都はるみさんの演歌「北の宿から」のヒット曲の他、コマーシャルソングも数多く手がけていらっしゃいました。
「このー木なんの木気になる木・・・」とか「パッとさいでりあー・・・」とか。
「魔法使いサリー」や「ひみつのアッコちゃん」の主題歌も。
ドラマの「寺内貫太郎一家」にも頑固オヤジ役で出演されていて、息子役の西城秀樹さんとの迫力ある喧嘩シーンが毎回楽しみでした。
母親役の樹木希林さんが沢田研二さんのポスターを見つめて「ジュリー・・・」と身をよじらせるのも名シーンでした。
どれも懐かしく思い出されます。
ご冥福をお祈りしたいと思います。

コロナの感染者を減らすのには、我々一人一人が、できることをやっていくことが大事です。
頻回の手洗い、手指消毒、外出時のマスク着用、三密を避け、体調管理をこころがけることです。

医療体制のひっ迫を避けるためには不要不急の外出を控えるのが大切です。
コロナで亡くなるかた、コロナ以外の病気で亡くなるかた、事故で亡くなるかた、将来的経済的な不安で自殺で亡くなるかた等々、さまざまです。
医療には限界がある、医療資源は限られている、人間の命には限りがある、など当たり前のことを改めて考えさせられる機会になっているとも言えます。
神様が人類に与えた試練といえます。
心を穏やかに自分のできることに集中したいですね。

コロナの自粛生活は長引きそうです。
これまでとは違った新しい生活様式、価値観を身につけていく必要があるように思います。

目の前のできることに集中して、日々過ごしていきたいですね。
人間いつかは病気か事故かで亡くなるものです。
神のみぞ知るということです。
今を精一杯生きたいものです。

精神科病院もなかなか厳しい時代を迎えています。
高齢者だけでなくさまざまな病態のかたが増えてきています。
利用者のかたの悩みにしっかりと寄り添う医療、看護、支援を展開していく必要があると思っています。

当院は、これからもより安全な治療環境の提供に職員一同努力して参ります。
地域のかたがたのさまざまな困りごとに相談に乗れる、頼りになる病院を目指していきたいと思っています。

今日もお会いするかた一人一人に笑顔で気持ちよく挨拶して一日を過ごしたいと思います。

令和3年6月15日
0001

「 田村正和さん訃報 」

俳優の田村正和さんが、4月3日に心不全で亡くなられていたそうです。77歳とか。
年代の近いかたが亡くなると、ショックですねえ。寂しい気持ちになります。
このゴールデンウィークは家で引きこもって、ケーブルテレビの古いドラマ番組を観て過ごしました。
「古畑任三郎」シリーズもその一つでした。
大物俳優さんが犯人役で出演して、謎解きを展開するというもので、今観てもとても面白いものでした。
数年前のインタビューで「もうやりきった。静かに死にたい。」とも話されていたとか。
静かな晩年だったのではないでしょうか。
ご冥福をお祈りいたします。

緊急事態宣言が延長されました。

コロナの感染者を減らすのには、我々一人一人が、できることをやっていくことが大事です。
頻回の手洗い、手指消毒、外出時のマスク着用、三密を避け、体調管理をこころがけることです。

医療体制のひっ迫を避けるためには不要不急の外出を控えるのが大切です。
コロナで亡くなるかた、コロナ以外の病気で亡くなるかた、事故で亡くなるかた、将来的経済的な不安で自殺で亡くなるかた等々、さまざまです。
医療には限界がある、医療資源は限られている、人間の命には限りがある、など当たり前のことを改めて考えさせられる機会になっているとも言えます。
神様が人類に与えた試練といえます。心を穏やかに自分のできることに集中したいですね。

コロナの自粛生活は長引きそうです。
これまでとは違った新しい生活様式、価値観を身につけていく必要があるように思います。

目の前のできることに集中して、日々過ごしていきたいですね。
人間いつかは病気か事故かで亡くなるものです。
神のみぞ知るということです。

精神科病院もなかなか厳しい時代を迎えています。
高齢者だけでなくさまざまな病態のかたが増えてきています。
利用者のかたの悩みにしっかりと寄り添う医療、看護、支援を展開していく必要があると思っています。

当院は、これからもより安全な治療環境の提供に職員一同努力して参ります。
地域のかたがたのさまざまな困りごとに相談に乗れる、頼りになる病院を目指していきたいと思っています。

今日もお会いするかた一人一人に笑顔で気持ちよく挨拶して一日を過ごしたいと思います。

令和3年5月19日

0001

「 松山英樹選手マスターズ優勝おめでとう、そして感動をありがとう 」

ゴルフの松山英樹選手が、男子のメジャー大会の一つマスターズ・トーナメントで優勝しました。
3日目を終えて、2位と4打差の単独首位でしたので久しぶりに頑張って早起きをしてテレビ中継を観戦しました。
日本の男子で初めて、メジャー大会の制覇で、ゴルフ界の悲願でもあったと思います。
コロナ自粛で暗い気持ちになっていた日本にも、明るい話題となったと思います。
感動をいただきました。
テレビ中継の解説の中島常幸プロも涙声でした。
ゴルフは、奥が深いスポーツです。
運も不運もつきものです。
2度と同じシチュエーションはありません。
目の前の一打一打に集中することが大事と言われています。
思ったようになかなかうまくいかないところも人生と似ています。

あきらめずにコツコツとやるべきことをやっていくしかありません。

小さな子供たちが、これを機会にゴルフを始める、夢を追うことを始めるということにもなるかと思います。
スポーツの素晴らしいところです。

コロナの感染者を減らすのには、我々一人一人が、できることをやっていくことが大事です。
頻回の手洗い、手指消毒、外出時のマスク着用、三密を避け、体調管理をこころがけることです。

医療体制のひっ迫を避けるためには不要不急の外出を控えるのが大切です。
コロナで亡くなるかた、コロナ以外の病気で亡くなるかた、事故で亡くなるかた、将来的経済的な不安で自殺で亡くなるかた等々、さまざまです。
医療には限界がある、医療資源は限られている、人間の命には限りがある、など当たり前のことを改めて考えさせられる機会になっているとも言えます。
神様が人類に与えた試練といえます。
心を穏やかに自分のできることに集中したいですね。

コロナの自粛生活は長引きそうです。
これまでとは違った新しい生活様式、価値観を身につけていく必要があるように思います。

目の前のできることに集中して、日々過ごしていきたいですね。
人間いつかは病気か事故かで亡くなるものです。
神のみぞ知るということです。

精神科病院もなかなか厳しい時代を迎えています。
高齢者だけでなくさまざまな病態のかたが増えてきています。
利用者のかたの悩みにしっかりと寄り添う医療、看護、支援を展開していく必要があると思っています。

当院は、これからもより安全な治療環境の提供に職員一同努力して参ります。
地域のかたがたのさまざまな困りごとに相談に乗れる、頼りになる病院を目指していきたいと思っています。

今日もお会いするかた一人一人に笑顔で気持ちよく挨拶して一日を過ごしたいと思います。

令和3年4月12日

0001

「 東日本大震災から10年 」

10年前の3月11日金曜日午後2時46分、東日本大震災が発生しました。
月日が経つのは早いものです。
福島原発事故で、4万人を超える方々がいまだに避難を余儀なくされているそうです。
追悼式が開かれ、宮城県代表でスピーチをされた遺族の方は16歳でした。
被災した時は幼稚園の年長であったそうです。
とても恐ろしい悲しい体験だったことと思います。
若い方の前向きな言葉を聞くとこちらも励まされます。
自然災害の備えは、これで完璧というものはありません。
被災しながら、次に備えて知恵を蓄えていくしかありません。

どんなに打ちのめされても、立ち上がって前を向いていきたいものです。

新型コロナウイルスワクチンの接種も供給量が不透明でなかなか計画通りにはいかないようです。
中国がオリンピック委員会にワクチンの提供を申し出たとか。
なかなか考えさせられます。
手を変え品を変え、世界進出を企んでいる気もしてしまいますが。

コロナの感染者を減らすのには、我々一人一人が、できることをやっていくことが大事です。
頻回の手洗い、手指消毒、外出時のマスク着用、三密を避け、体調管理をこころがけることです。

医療体制のひっ迫を避けるためには不要不急の外出を控えるのが大切です。
コロナで亡くなるかた、コロナ以外の病気で亡くなるかた、事故で亡くなるかた、将来的経済的な不安で自殺で亡くなるかた等々、さまざまです。
医療には限界がある、医療資源は限られている、人間の命には限りがある、など当たり前のことを改めて考えさせられる機会になっているとも言えます。
神様が人類に与えた試練といえます。
心を穏やかに自分のできることに集中したいですね。

コロナの自粛生活は長引きそうです。
これまでとは違った新しい生活様式、価値観を身につけていく必要があるように思います。

目の前のできることに集中して、日々過ごしていきたいですね。
人間いつかは病気か事故かで亡くなるものです。
神のみぞ知るということです。

精神科病院もなかなか厳しい時代を迎えています。
高齢者だけでなくさまざまな病態のかたが増えてきています。
利用者のかたの悩みにしっかりと寄り添う医療、看護、支援を展開していく必要があると思っています。

当院は、これからもより安全な治療環境の提供に職員一同努力して参ります。
地域のかたがたのさまざまな困りごとに相談に乗れる、頼りになる病院を目指していきたいと思っています。

今日もお会いするかた一人一人に笑顔で気持ちよく挨拶して一日を過ごしたいと思います。

令和3年3月12日

20210312

「 コロナウイルスワクチン 」

0001日本でも新型コロナウイルスワクチンの接種が始まります。
医療従事者や高齢者が先に接種という流れになるようです。
副作用としてのアナフィラキシーショックの話も出ていますが、これはこのワクチンに限ったことではありません。
ファイザー社のものは、マイナス75度で保存することとか、5人単位で摂取するようにして無駄をなくす必要があります。
アメリカでは、ワクチン接種のキャンセル待ちで長蛇の列ができているそうです。
コロナの感染者を減らすのには、我々一人一人が、できることをやっていくことが大事です。
頻回の手洗い、手指消毒、外出時のマスク着用、三密を避け、体調管理をこころがけることです。

医療体制のひっ迫を避けるためには不要不急の外出を控えるのが大切です。
コロナで亡くなるかた、コロナ以外の病気で亡くなるかた、事故で亡くなるかた、将来的経済的な不安で自殺で亡くなるかた等々、さまざまです。
医療には限界がある、医療資源は限られている、人間の命には限りがある、など当たり前のことを改めて考えさせられる機会になっているとも言えます。
神様が人類に与えた試練といえます。心を穏やかに自分のできることに集中したいですね。

コロナの自粛生活は長引きそうです。
これまでとは違った新しい生活様式、価値観を身につけていく必要があるように思います。

目の前のできることに集中して、日々過ごしていきたいですね。
人間いつかは病気か事故かで亡くなるものです。神のみぞ知るということです。

精神科病院もなかなか厳しい時代を迎えています。
高齢者だけでなくさまざまな病態のかたが増えてきています。
利用者のかたの悩みにしっかりと寄り添う医療、看護、支援を展開していく必要があると思っています。

当院は、これからもより安全な治療環境の提供に職員一同努力して参ります。
地域のかたがたのさまざまな困りごとに相談に乗れる、頼りになる病院を目指していきたいと思っています。

今日もお会いするかた一人一人に笑顔で気持ちよく挨拶して一日を過ごしたいと思います。

令和3年2月15日

「 緊急事態宣言 」

1月7日、東京都の新規のコロナウイルス感染症者は2447人とこれまでの最多の人数となりました。感染力は強いようです。
東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県で緊急事態宣言が出されました。やむを得ない状況かと思います。
2類の指定感染症でしばらく行くことが決まりましたので、病院はどこも大変な負担が強いられています。
陽性者が出るとその対応に追われます。出なくてもずっと精神的な緊張が強いられるわけです。
病気はコロナだけではないわけで、ほかの病気で亡くなられるかたも大勢います。
今の2類のままでは、コロナで亡くなる方だけを優先して救おうという形ですし、それでも全ての方を救うことはできません。
日本ではマスコミ、野党が異様に政府に責任だけを追及する風潮がありますし、行政の役人は責任だけは負いたくない、コロナ対策でやれるだけのことはやったということにしたいという気持ちが強いわけで、現実的な「限られた医療資源の中での人命優先」という当たり前の方向に舵が切れなくなっているという気がしています。
アルコール依存症のかたが、今日一日をしらふでしっかり噛みしめて生きましょうという「一日断酒」ではないですが、我々一人一人が、できることをやって一日一日をしっかり味わいながら悔いなく生きていくことが大事なんだと思います。

医療体制のひっ迫を避けるためには不要不急の外出を控えるのが大切です。
コロナで亡くなるかた、コロナ以外の病気で亡くなるかた、事故で亡くなるかた、将来的経済的な不安で自殺で亡くなるかた等々、さまざまです。
医療には限界がある、医療資源は限られている、人間の命には限りがある、など当たり前のことを改めて考えさせられる機会になっているとも言えます。
神様が人類に与えた試練でしょうか。心を穏やかに自分のできることに集中したいですね。

コロナの自粛生活は長引きそうです。
これまでとは違った新しい生活様式、価値観を身につけていく必要があるように思います。

目の前のできることに集中して、日々過ごしていきたいですね。
人間いつかは病気か事故かで亡くなるものです。神のみぞ知るということです。

精神科病院もなかなか厳しい時代を迎えています。
高齢者だけでなくさまざまな病態のかたが増えてきています。
利用者のかたの悩みにしっかりと寄り添う医療、看護、支援を展開していく必要があると思っています。

当院は、これからもより安全な治療環境の提供に職員一同努力して参ります。
地域のかたがたのさまざまな困りごとに相談に乗れる、頼りになる病院を目指していきたいと思っています。

今日もお会いするかた一人一人に笑顔で気持ちよく挨拶して一日を過ごしたいと思います。

令和3年1月8日0001