「 阪神大震災から23年 」

菊池院長阪神大震災から、今日17日でちょうど23年になります。
6000人を超える大勢のかたが命を落とされました。
がれきの下から助けられたかたがその数時間後に急変するというクラッシュ症候群がこの災害を機会に広く知られることとなりました。
寒い時期でしたので避難生活も大変なものでした。
ふだん何気なく生活していることがいかにありがたいことであるかということを考えさせられました。

年明けに三鷹市の医師会の先生の急な訃報もありました。
亡くなる直前まで診療もされていたそうです。
先月お会いした時もお元気でしたので、訃報のファックスをいただいて絶句してしまいました。
ご冥福をお祈り申し上げます。
長年にわたり三鷹市の医療にも大変貢献された先生でした。
私たちは一人ひとりが「今を生かされている」ということを改めて感じさせられました。

本年も井之頭病院をどうぞよろしくお願いいたします。

精神科病院もなかなか厳しい時代を迎えています。
高齢者だけでなくさまざまな病態のかたが増えてきています。
利用者のかたの悩みにしっかりと寄り添う医療、看護、支援を展開していく必要があると思っています。

当院は、これからもより安全な治療環境の提供に職員一同努力して参ります。
地域のかたがたのさまざまな困りごとに相談に乗れる、頼りになる病院を目指していきたいと思っています。

今日もお会いするかた一人一人に笑顔で気持ちよく挨拶して一日を過ごしたいと思います。

< 平成30年1月17日 >

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。