「 地域連携会議 」

07052017昨日5日夜に当院1号館9階会議室において、今年度の東京都精神科医療地域連携事業の第1回地域連携会議を開催いたしました。
三鷹市、武蔵野市、調布市、狛江市、小金井市、府中市から120名を超える多くの関係者のかたに出席していただきました。
本当にありがとうございます。

今回は、精神科病院について知ってもらおうという企画といたしました。
圏域内の9つの精神科病院のうち、青木病院、吉祥寺病院、斉藤病院、根岸病院の4病院からそれぞれの病院の機能と特徴を話していただきました。
当初は、後半にグループワークを予定していましたが、出席者があまりにも多かったため急きょ質疑応答の形式に変更させていただきました。
グループワークを楽しみにされて出席されたかたには大変申し訳ありませんでした。

当事者の支援で、さらにその家族の支援で困っているというような現状を支援者のかたが話されていました。
なかなかすぐには解決できなくても、情報を共有して支援の輪を拡げていけるといいのではないかと思います。
今後、ますます高齢者が増えていきます。
地域包括ケアの推進といっても現場ではなかなか簡単には済まないことが多いように思います。
支援者のかたへの支援も精神科病院としてやっていきたいと思っています。

精神科病院もなかなか厳しい時代を迎えています。
高齢者だけでなくさまざまな病態のかたが増えてきています。
利用者のかたの悩みにしっかりと寄り添う医療、看護、支援を展開していく必要があると思っています。

当院は、これからもより安全な治療環境の提供に職員一同努力して参ります。
地域のかたがたのさまざまな困りごとに相談に乗れる、頼りになる病院を目指していきたいと思っています。

今日もお会いするかた一人一人に笑顔で気持ちよく挨拶して一日を過ごしたいと思います。

<平成29年7月6日>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。