「 日航機墜落事故から33年 」

0001昨日12日で、日航ジャンボ機墜落事故から33年を迎えました。
520人もの多くの犠牲者の出た事故でした。
僕も事故の当日は、井之頭病院で当直をしていまして、夜通しテレビの報道番組を観ていたことを覚えています。
真夏の暑い日で、捜索活動、遺体の安置場所も大変であったようです。
日本航空でも事故後に入社された社員のかたの割合がずいぶん増えたそうです。
わたしたちが決して忘れてはいけない事故だと思います。
8月6日の広島、9日の長崎、15日の終戦も忘れてはいけません。

安全の大事さ、平和の尊さをしっかりかみしめて、後世に伝えていかねばなりません。

精神科病院もなかなか厳しい時代を迎えています。
高齢者だけでなくさまざまな病態のかたが増えてきています。
利用者のかたの悩みにしっかりと寄り添う医療、看護、支援を展開していく必要があると思っています。

0002当院は、これからもより安全な治療環境の提供に職員一同努力して参ります。
地域のかたがたのさまざまな困りごとに相談に乗れる、頼りになる病院を目指していきたいと思っています。

今日もお会いするかた一人一人に笑顔で気持ちよく挨拶して一日を過ごしたいと思います。

< 平成30年8月13日 >

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。