「 東日本大震災から7年 」

 昨日11日、大勢の犠牲者の出た東日本大震災から丸7年が経過しました。
7万人を超える方がまだ避難生活をされているそうです。
各地で追悼の集会、行事が行われました。
14時46分には日本中のさまざまな場所で黙とうの呼びかけがありました。
当時、東京でも計画停電があり、大変でした。
ごく普通に日々暮らせることに感謝しないといけないですね。0001

大事なかたを失ったかたにとっては、7年前で時計が止まっているようです。
残されたものは、さまざまな思い抱えながら、前に進んでいかねばなりません。
一歩ずつ。一歩ずつ。

数々の自然災害を経験してきた人類の宿命ともいえます。

精神科病院もなかなか厳しい時代を迎えています。
高齢者だけでなくさまざまな病態のかたが増えてきています。
利用者のかたの悩みにしっかりと寄り添う医療、看護、支援を展開していく必要があると思っています。

当院は、これからもより安全な治療環境の提供に職員一同努力して参ります。
地域のかたがたのさまざまな困りごとに相談に乗れる、頼りになる病院を目指していきたいと思っています。

今日もお会いするかた一人一人に笑顔で気持ちよく挨拶して一日を過ごしたいと思います。

< 平成30年3月12日 >

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。