「 武田龍太郎先生講演会 」

3月11日(土)に第59回公開講演会「特別講座」を1号館9階の会議室で開催いたしました。今回は川崎市登戸にある武田病院院長の武田龍太郎先生に「職場のメンタルヘルスと復職支援プログラムの実際」という演題で講演いただきました。武田病院ではもう10年以上リワークプログラムに取り組んでいらっしゃるそうです。武田先生は20年以上前に当院で5年ほど常勤で勤務していただいたことがあります。まだ6号館があった時代です。武田病院のリワークプログラムを終えて復職されたかたの感想(数か月のグループワークで友情とは異なる絆を感じるようになれた)がとても印象的でした。

大勢のかたが命を落とされた東日本大震災から6年が経ちました。復興はまだまだ続きます。国民ひとりひとりがこのことを忘れずにいることがとても大事だと思っています。

精神科病院もなかなか厳しい時代を迎えています。高齢者だけでなくさまざまな病態のかたが増えてきています。利用者のかたの悩みにしっかりと寄り添う医療、看護、支援を展開していく必要があると思っています。

当院は、これからもより安全な治療環境の提供に職員一同努力して参ります。地域のかたがたのさまざまな困りごとに相談に乗れる、頼りになる病院を目指していきたいと思っています。

今日もお会いするかた一人一人に笑顔で気持ちよく挨拶して一日を過ごしたいと思います。

< 平成29年3月13日 >0002

「 ホームページが新しくなりました 」

1月30日に井之頭病院のホームページをリニューアルいたしました。
スマートフォンで閲覧した際に特に色合いがきれいで見やすくなったようです。いかがでしょうか。
インターネットで受診先や、就職先を検索したり情報を集めるかたがとても増えているようです。
メール、ブログ、ラインなどインターネット関係の情報発信、情報交換、情報収集はとても便利なのですが、その反面リスクも多いようです。
思わぬ犯罪に巻き込まれたり、誹謗中傷されたり、仲間はずれやいじめの温床になることもあるようです。

便利になることと心が豊かになることとは比例しないように思います。web01

精神科病院もなかなか厳しい時代を迎えています。
高齢者だけでなくさまざまな病態のかたが増えてきています。
利用者のかたの悩みにしっかりと寄り添う医療、看護、支援を展開していく必要があると思っています。

当院は、これからもより安全な治療環境の提供に職員一同努力して参ります。
地域のかたがたのさまざまな困りごとに相談に乗れる、頼りになる病院を目指していきたいと思っています。

今日もお会いするかた一人一人に笑顔で気持ちよく挨拶して一日を過ごしたいと思います。


< 平成29年2月3日 >

「 明けましておめでとうございます 」

00012017年を迎えました。
みなさんはどのように新年を迎えられましたでしょうか?
昔は家族そろってNHKの紅白歌合戦を観て、行く年くる年を観て新年のカウントダウンをしていました。
1月2日、3日に開催される箱根駅伝もすっかりお正月の行事に定着したように思います。
今年は復路の10区で交通誘導ミスがあり、あわや交通事故になる危険があったようです。
何事もなくてよかったですね。
安全はしっかり確保されるべきものだと思います。
病院でも安全な治療環境、安心して治療に専念していただける療養環境を提供しなければなりません。

もうすぐアメリカの大統領にトランプ氏が就任します。
日米関係もいろいろな点で見直される可能性があります。
不安でもありますが、世界の中での日本の立ち位置を国民ひとりひとりが考えるよい機会とも言えます。

今年もさまざまなことがあると思いますが、スタッフ皆で力を合わせて乗り切っていきたいと思います。
今年もご指導ご鞭撻をどうぞよろしくお願い申し上げます。

精神科病院もなかなか厳しい時代を迎えています。
高齢者だけでなくさまざまな病態のかたが増えてきています。
利用者のかたの悩みにしっかりと寄り添う医療看護を展開していく必要があると思っています。

当院は、これからもより安全な治療環境の提供に職員一同努力して参ります。
地域のかたがたのさまざまな困りごとに相談に乗れる、頼りになる病院を目指していきたいと思っています。

今日もお会いするかた一人一人に笑顔で気持ちよく挨拶して一日を過ごしたいと思います。


< 平成29年1月6日 >

「 年末 」

0001今年も残りわずかとなりました。
ちまたでは、インフルエンザやノロウイルスの感染症が猛威をふるっているようです。
インフルエンザも検査キットができて便利にはなりましたが、陽性とわかってしまうと学校の登校ができなくなったり、会社、仕事を休まなくてはいけなくなります。
病院などでは、職員が感染してしまうと人員確保で大変苦労することにもなります。
入院の患者さんでインフルエンザが発症すると抗ウイルス薬を予防内服してもらったり、外出を控えてもらったり、患者さんも医療スタッフも大変な思いをすることになります。
みんなで協力してインフルエンザやノロウイルスの感染症の発生を予防し、もし発生したら拡大をさせないようできるだけのことをしていくしかないと思います。

精神科病院もなかなか厳しい時代を迎えています。
高齢者だけでなくさまざまな病態のかたが増えてきています。
利用者のかたの悩みにしっかりと寄り添う医療看護を展開していく必要があると思っています。

当院は、これからもより安全な治療環境の提供に職員一同努力して参ります。
地域のかたがたのさまざまな困りごとに相談に乗れる、頼りになる病院を目指していきたいと思っています。

今日もお会いするかた一人一人に笑顔で気持ちよく挨拶して一日を過ごしたいと思います。


< 平成28年12月14日 >

「 2号館竣工記念式典と祝賀会 」

%e9%99%a2%e9%95%b72_20161111_%e7%b7%a8%e9%9b%86%e7%89%88昨日10日に新2号館の竣工記念式典と祝賀会を当院1号館9階の会議室と食堂で開催いたしました。
寒い中120名を超す大勢のかたにお集まりいただきました。
本当にありがとうございました。

2年8ヶ月の長い工事期間がありましたので、大きな事故なく完成にこぎつけ、ほっとしています。
式典では東京精神科病院協会副会長で慈雲堂病院院長の田邉英一先生、三鷹市医師会会長の宇井義典先生に祝辞をいただきました。
温かい励ましの言葉に勇気づけられました。
祝賀会では秋田透先生率いるビッグバンドによるジャズ演奏がありました。
アルコール飲料は提供できませんでしたが、出席されたかたには音楽で心地よい時間を過ごしていただけたように思います。

精神科病院もなかなか厳しい時代を迎えています。
高齢者だけでなくさまざまな病態のかたが増えてきています。
利用者のかたの悩みにしっかりと寄り添う医療看護を展開していく必要があると思っています。

当院は、これからもより安全な治療環境の提供に職員一同努力して参ります。地域のかたがたのさまざまな困りごとに相談に乗れる、頼りになる病院を目指していきたいと思っています。

今日もお会いするかた一人一人に笑顔で気持ちよく挨拶して一日を過ごしたいと思います。


< 平成28年11月11日 >

「 受動喫煙防止対策 」

012020年の東京オリンピックに向けて厚生労働省が受動喫煙防止対策のたたき台を公表しました。
飲食店、ホテルロビーなどを原則禁煙にとの案です。
官公庁、社会福祉施設、大学は建物内禁煙に、医療機関、小学校、中学校、高校はより厳しく敷地内禁煙にという案のようです。
当院でも禁煙を推進していますが、実際のところなかなか敷地内を完全に禁煙にできていません。
法律で決められないとなかなか実行は困難とも言えます。
まわりに迷惑をかけないということは、社会生活の中での大原則だと思うのですが。

新病棟の工事は、駐車場、外構工事が10月いっぱいまでは続く予定です。
もうしばらくご不便をおかけいたしますが、ご容赦のほどお願い申し上げます。

02当院は、これからもより安全な治療環境の提供に職員一同努力して参ります。
地域のかたがたのさまざまな困りごとに相談に乗れる、頼りになる病院を目指していきたいと思っています。

今日もお会いするかた一人一人に笑顔で気持ちよく挨拶して一日を過ごしたいと思います。


< 平成28年10月13日 >